どのような印鑑を買えば良いのか分からないという人必見です

サイトマップ

印鑑

印鑑を作る時に考えること

印鑑というのは、実は色々と種類があります。例えば認印と言うのがあります。これはそこまで効果がない印鑑です。確認しましたよ、という程度の効果しかないです。特に登録をしていないのであれば、法的な効果はない印鑑です。
もう一つが三文判です。こちらは更に下になります。特に限定されているわけではないですが、インク式の簡単な物であることが多いです。
認印ですが、これを実印にできます。もちろん、細かい条件があるのも確かですが、役所に届出を出して印鑑証明をしていればその認印が晴れて実印となります。このあたりのことをよく理解しておき、注意したほうがよいでしょう。はっきりいって、実印はかなり価値がある印鑑になります。つまりは、保管に注意をしておいたほうがよい、という印鑑になります。別に材質は何でもよいのですが、そこまで効果がある印鑑ですから何かと拘る人も多いです。例えば翡翠です。昔から翡翠を印鑑にすることは一つのステータスでもあります。ですから、今でも人気があります。正確には翡翠とはいえないのですがネフライトというのが軟玉と呼ばれる翡翠の一種として販売されていることがあります。これがとても安くできるようになってきたのでお勧めできます。

インフォメーション

  • 落としても壊れないような印鑑を作る

    印鑑というのはよく地面に落としてしまってから、壊れてしまうことが多いのです。やはり印鑑の性質としてすべりやすさがあるので、どうしても手を滑らせてしまってか…

    2016/08/09

    » more

  • 印鑑を作る時に考えること

    印鑑というのは、実は色々と種類があります。例えば認印と言うのがあります。これはそこまで効果がない印鑑です。確認しましたよ、という程度の効果しかないです。特…

    2016/08/09

    » more

  • 最近人気がある印鑑とは

    最近人気がある印鑑があります。それはどのような印鑑かというと、チタン印鑑です。この印鑑はチタンという材質で作られています。チタンというのはテニスのラケット…

    2016/08/09

    » more

  • 印鑑のことをよく知ること

    印鑑文化というのは、実はそこまで多くないです。アジア圏が強くありますが、その中でも日本は特別に重要視しています。つまりは、印鑑がとても大事な物になっていま…

    2016/08/09

    » more

TOP